【旅行】オスロで感じたスカンティナビアの空気(1・2日目)

2018年のクリスマス休みは第2回ヨーロッパ旅行に行きました。

1日目

1日目は早朝からロンドン・スタンステッド空港からオスロまでライアンエアーで移動しました。初めて使いましたが、階段で飛行機に乗るって貴重な経験かも。

空港から市街地までは電車に乗りました。もっと安いのもあるって言う記事を見つけたけれども、よくわからなくて電車に乗ってしまいました…
中は綺麗すぎて一等車かと思ったけど、全部こんな感じでした。

さすが北欧だなー、って思わず写真を撮りました。

前回の旅では節約しようとしすぎて、何もしなかったので今回は反省しました。駅についてから、高かったですがオスロパスという博物館と公共交通機関24時間使い放題カードを買いました。ただ、Visitor Centreにたどり着くのに苦労しました…

有名らしかったので、Viking Ship Museumに行きました。ヴァイキングの歴史を知らなさすぎる…

外はとてもきれいな景色でした。寒すぎて服装失敗したことに1日目にして気づきます…

街をぶらぶらしながらきれいな景色をいくつか発見。

スケートリンクが街のど真ん中にありました。ただ池か何かが凍っているだけなのかもしれませんが…

やっぱりほとんど日本のものを見なかったので、日本のものを見ると少しうれしくなりました。夜はとても疲れていたので、速攻で寝ました。

2日目

朝からオスロフィヨルドの観光船チケットを買おうと海辺まで行きましたが、残念なことに9時半からでした。

そこで、スキー博物館までたしか40分くらい掛けて行きました。地面が凍っていて坂を登るのが本当に危なかった…

過去に冬期オリンピックをやったようで、そのジャンプ台がタワーとして残っていました。中は登ることができて、スカンティナビアの景色を一望できました。

その後は、オスロフィヨルドの観光船に乗って、オスロの海を見て回りました。

教科書で見たことあるような大きなフィヨルドではありませんでしたが、険しい斜面にいくつも黄色や赤色の家が立っているのはとてもきれいな景色でした。

その後街をぶらぶらしながら、クリスマスマーケットを見つけました。クリスマスは終わっていましたが、まだ賑わっていました。

暗くなるの本当に早いな…
またね。